恋愛の有り方、形について

最近私は、本当に好きになった人がいました。燃える様な恋というのは、こういう恋のことを言うのだなと実感した話です。
僕は現在31歳(既婚)彼女は24歳(バツ1子供二人)です。
彼女と知り合ったのは、出会った当時、新しくできたコンビニに通う様になり、彼女はそこの店員さんでした。
何回か通った時に、彼女はいつも僕が吸うタバコを覚えていてくれ、その経験が初めてで気が利く女の子だなと思いました。
その後も何回か通い、カードをお勧めされたので、僕は喜んで引き受けました。(その時彼女は引き受けてくれるとは思ってなかったみたいです。)
その日の夜、僕は飲み会の席があり、二日酔い気味で次の日の朝にコンビニに行きました。
既に僕は彼女が朝コンビニに居る事を意識していました。彼女がレジを担当してもらえると、その1日を元気に頑張れる気がしていました。
そしてコンビニでレジをしてくれる彼女に、思い切って話かけてみました。

 

『今日は二日酔いで朝がきついよ。』
『本当ですか?辛そうですね、よく飲みに行かれるんですか?』
『最近増えてきてるね』
『もしよかったら、私のお店に飲みに来ませんか?』
『え?夜の仕事もしてるの?』
『はい、内緒ですよ』
『お店教えてもらったら、もちろん行くよ』
『〇〇というお店です。知ってますか?』
『わからないけど、検索して行ってみるね?名前は?』
『Mです。来てくださいね、土曜日いますので。』
『わかった、土曜も飲み会だし、行ってみるね。』

 

こんな話だったと思いますが、土曜日までワクワクしながら毎日を過ごしました。

 

土曜日になって、お店に行ってみてドアを開けてみると、真正面に接客中の彼女を見つけました。
彼女は少しびっくりしたような顔でしたが、僕はお酒も入ってる事もあり、『Mちゃんみっけ』など言いながら入って行ったのを覚えてます。
お店での彼女はコンビニで見る彼女ではなく、凄く綺麗でした。
楽しい時間はすぐに終わりを迎え、彼女との時間はすぐに終わりました。そこで電話番号を聞き、彼女が子供が二人居ることも聞きました。
僕は結婚していることを話し、その夜を終えました。

 

次の日、彼女からメールが届いていました。そこには彼女の子供が公園で遊んでいる写真が添付されていました。
僕は何の抵抗もなく、可愛い子供だねと返事しました。

 

そこから連絡が続き、彼女と二人でランチに出かけたり、カフェでゆっくりとした時間を過ごしたりしました。
僕はその時には既に、彼女の事を好きになっていました。それと同時期に、妻ともうまくいってはいませんでした。
妻が浮気をし、家に連れ込んでいた事も発覚した時期でした。僕はどうする事も出来ない時期に彼女と出会ってしまったのです。
そして彼女は僕の全てを包んでくれました。僕も彼女の子供たちと会って、食事をしたり遊びに出かけたりする事が当たり前になっていきました。
僕はもう本気で彼女とその子供たちとの将来を考えるようになりました。子供たちも懐いてくれ、本当に楽しかったのです。
そんな中、彼女とも喧嘩が次第に増えていきました。好きになるにつれ彼女の夜の仕事をしている間、その時間を堪えるのがどんどん苦痛になり、そのことがきっかけで
喧嘩が絶えない毎日になり、お互いを傷つける毎日が始まりました。
そんな中、彼女は僕との将来のために、夜の仕事を辞める決心をしてくれました。素直に嬉しかったのですが、複雑な気持ちもありました。
昼の仕事を子供二人抱えながらできる職場がいかに少ないか、多少なりとも融通を利かせてくれる職場は本当に少ないとわかっていました。
でも彼女が本気でそう考えてくれているなら、僕も一緒に頑張って仕事を探してみると彼女に伝えました。
それでも彼女は、夜の仕事で増えていったお客との連絡を止めてはくれませんでした。僕はそれが許せませんでした。
喧嘩は絶えず、会う時には仲直り、離れると喧嘩という状態に疲れてしまいました。僕は別れを何回も切り出しました。しかしお互いがお互いを失うことを恐れ、
ずるずると関係は続きました。
そして、僕は子供たちの前でも彼女の発言をきっかけに、全く話さない状態を作り、彼女を軽蔑した態度を取ってしまいました。
その状況を見ていた上の子は、気を使って無理にその場を明るくしようとしていましたが、僕はどうしても普段通りになれませんでした。
そしてその日僕たちはきちんとした形で別れることを決意しました。

 

二人でベッドの中で、話していたことがありました。

 

『もう少し早く出会えていればよかったのかな?』
『どうだろうね。』
『でも、今だから出会えたんだと思うよ、もう少し早く会ってると、俺は好きになってなかったかもしれないし。』
『そう言ってくれてありがとう、そう言ってもらえて凄く嬉しいよ。』
『うん、今だから、愛し合えたんだと思う。』

 

愛し合う形はどうあれ、僕は本当の恋をしたのだと思っています。

 

出会える出会い系アプリについて詳しいサイトを紹介します。
PCMAX口コミ

恋活パーティで出会った3つ年下のイケメン君

ちょうど1年前、彼氏と別れたばかりで当時私は26歳でした。
気分転換にと、大して期待もせずに参加したのが、その日の何度目かの恋活パーティでした。
回転寿司形式で、全員との対話をしました。
彼はその中で、一番のイケメン君だったと思います。年下で風貌も今風。ジャニーズにいそうな感じでした。
印象カードというものが配布されるんですが、その項目で「気になる人」という欄に彼を書きました。
それは私があなたを気になってますよっと、間接的に伝えられる手段です。
まぁ、あのイケメン君はモテモテだろうし、私みたいな年上を相手にしないだろうっと思っていたのですが、なんとフリータイムの時間に話しかけに来てくれました。
話している内に、チャラそうな外見とは裏腹に好青年という事が分かってきて、更に好印象でした。
連絡先を交換し、その日は別れました。
何度か、ラインをして、後日ご飯を食べに行こうっと誘われました。
私のお勧めのお店で食事をし、ツタヤでCDなどを見たり、夜の公園を散歩したりと、今思えば、既にカップルか!って感じの初デートでしたね。
もちろん、とても楽しかったです。
そして、2度目のデート。食事をして、カラオケに行って、ホテルに行きました。

 

話は変わりますが、当時もう一人の同い年の男性から告白されていて、次の日は彼とのデートの約束があったのです。
なので、ホテルに彼だけを残して私は帰宅しました。(笑)今思えば最低の女でした。
結局年下の彼とはその日で当然終わり、もう一人の同い年の彼と付き合いました。理由は体の相性の問題でした。
1年前はまだ私も若かったんだと思うほど、今は質素に暮らしております。

騙されているのではと思いながら

私の知り合いの方で義兄が、
フェイブックなどによく出てくる出会い系サイトで出会った方と結婚されたそうです。

 

先日、友人に会うと近々に結婚式があり出席されるとの事でした。
話を聞いていると旦那様の兄様が結婚されるとの事で私はびっくりしました。
今まで義兄と言えば、仕事場所は男だらけで、出会いがなく恋愛を全くしていない義兄に家族の皆が心配していると話を聞いていたからです。

 

義兄も30台後半になりさすがに焦ったのか出会い系サイトを利用して、出会いを求め動きだしていたようです。
お相手のかたも同じ年齢で、職場は女性ばかりで出会いがなかったごようすです。
PCMAX攻略
同世代の2人が出会い、意気投合をしたそうです。
お互いに出会い系サイトで出会ったという事で最初は騙されたりしていないか警戒していたそうです。

 

30台後半に入りお互いに考えていた事が同じだったようではやく家庭をもちたいと考えていた2人から自然と結婚話が出て、半年もたたずに婚約をされたそうです。

 

最初は家族も恋愛経験の少ない兄に心配をし結婚詐欺ではないかなどと心配していましたが、
幸せに今新婚生活をおくっているとの事でした。

 

お互いにタイミングが合えば、出会い方には関係なく結婚をする事ができるんですね。